おばあちゃん

沖縄のオバーは何とも憎めないかわいらしさを持っています。その不思議な魅力のとりこになって沖縄好きになる人も多いほどです。なぜ沖縄のオバーはこんなにもかわいいのか?不思議な沖縄オバーの魅力を紹介します。

沖縄オバー名物「かめーかめー攻撃」

沖縄オバー名物といえば、地元ではだれでも一度は体験する「かめーかめー攻撃」があります。

「かめー」とは沖縄の方言で「食べて」という意味があります。つまり「かめーかめー攻撃」は、次から次へと食べ物を食べさせるというものです。確かにおなかがすいている時であれば難なくこの攻撃を受け続けられるのですが、満腹になっても続いてくるのが本当の意味でのかめーかめー攻撃です。

しかも「かめーかめー攻撃」はオバーの好意だとわかっているからこそ、断り切れないのがつらいところなのです。

なにしろ「ごめん、もうおなかいっぱいだよ」といったとしても、「それならこれなら食べられるでしょ?」と今度はデザート攻撃…。いつまでも続くかめーかめー攻撃をかわすには、何とかしてその場から避難するしかありません。

もっと面白いのが、かめーかめー攻撃にもいろいろなパターンがあるということです。

沖縄のオバーはとにかく焼き芋が大好きなので、自宅で自分用に買っておいた焼き芋がテーブルの上に置いてあることもよくあります。ところがオバーは自分のペースで食べるため、おなか一杯になったら後から食べるつもりでそのままテーブルに置いてあることも…。

…ここまで言ったら、何となくその続きがわかってきますよね?そうなんです。私も過去に近所のオバーから、オバーの食べかけの焼き芋でかめーかめー攻撃されたことがあるんです。オバーにとっては「何か食べさせてあげよう」と思ったときに目の前に焼き芋があっただけのことなのですが、さすがに近所のオバーの食べかけの焼き芋は…食べました。

だってこれこそが沖縄オバーの不思議な魅力なんです。なぜならオバーのかめーかめー攻撃には何一つ悪気がなく、すべてがオバーが私への気持ちでやってくれていることがわかるからです。沖縄オバー名物「かめーかめー攻撃」は、オバーの魅力がいっぱいに詰まった心温まる攻撃なのです。

うちなータイムとは別にオバータイムがある

沖縄のオバーと過ごしていると、うちなータイムとは別にオバータイムがあることに気が付きます。オバータイムは、いってみれば「オバーにしかわからない独特な間の取り方」とでもいえるでしょうか?そのため沖縄のオバーたちの行動を観察していると、ちょっとおもしろいんです。

例えばオバーたちのランチ模合風景。

模合というのは沖縄では昔からある集会のようなもので、気の合う仲間や友人たちと月に一度集まって食事をしたりお酒を飲んだりすることです。厳密に模合のことを説明するとちょっと違うのですが、簡単に説明するとすればこんな感じです。

さてオバーたちのランチ模合現場ですが、これはなかなか観察しがいがあります。まずはオバーたちの服装。どのオバーたちも、みなかなり気合の入った服を着て参加しています。このことからも月に一度の模合を相当楽しみにしていることがわかります。

ではオバーたちの月1の楽しみである模合で、オバーたちはどんな会話をしているのか?

答えは「非常に自由な会話」です。みんなが1つの議題で盛り上がっていることもありますが、これはとてもレアなケースです。ふつうは隣同士、または向かい合わせになった人と会話をします。ただし突然話に乱入してくることもよくあります。さらにびっくりするのは、2組のオバーたちがクロスして会話をしている風景。これはどうやって会話を聞き分けているのか、オバーたちでないとわかりません。

さらにオバータイムの最大の特徴は、「終わりの時間が突然やってくる」というところです。食事の時間はとっくに延長となっているのに、話が終わる気配がみられないオバーたち。ところがその場のお開きは、突然やってきます。

しかも誰かが「そろそろ切り上げましょうか」と声をかけるわけでもなく、全員が何となく一斉に立ち上がりお開きになります。これぞまさしくオバータイム!オバーにしかわからない独特の間があるからこそ実現できるとしか言えません。

こんな不思議な力を持つオバーたちを観察していると、なぜか見ているだけなのにほっこりとした気持ちになります。これも沖縄オバーの不思議な魅力の一つです。

沖縄オバーは何に対しても「ありがとうね」と感謝する

沖縄のオバーたちは、何に対しても素直に「ありがとうね」と言ってくれます。しかもとびっきりのかわいい笑顔で手を握りながら「ありがとうね」というんです。私はこれを「究極のオバー攻撃」と呼んでいます。

だって本当に何に対しても感謝の言葉を伝えてくれるんですよ?何か手伝いをしたときだったらまだしも、「今日は暑いね~?オバーも気を付けないとね!」と声をかけただけでも「ありがとうね」と言って笑顔で返事してくれるんです。

この笑顔と優しい「ありがとうね」の一言があるだけで、どれだけ心がほっこりとなることか…。これぞ沖縄オバー究極の攻撃!この攻撃を受けたことですっかり沖縄にハマってしまい、そのまま移住をしてきた友人が私の周りにもいます。さすがです!

沖縄移住の関連記事
  • おばあちゃん
    沖縄オバーはなぜか憎めない!不思議なオバーの魅力
  • 古民家
    沖縄移住を本気で考えるなら空き家バンクがおすすめ
おすすめの記事
福州園
沖縄の歴史
沖縄では琉球王朝時代に中国から琉球へ渡った人々の末裔を「久米三十六姓の末裔」と呼ぶことがあります。琉球王国の歴史の中でたびたび登場する久米三...