ビーチ

沖縄を代表する至福の観光スポットといえば「宮古島」でしょう。数ある離島のなかでも人気が高くマリンブルーの透明度抜群の海と白い砂浜が魅力でもあります。そんな宮古島といえばなんといってもビーチです。絶対に立ち寄りたいおすすめビーチをご紹介します。

宮古島のビーチを楽しむために

宮古島は年間を通して温暖な気候が続いています。宮古島はサンゴが隆起してできた島になり沖縄のなかでも唯一川もなければ、大きな山もない平坦な作りになっているのが特徴です。平均気温23℃ととても過ごしやすく真冬の時期でも東京の4月程度の気温なのでTシャツで過ごせる程なのです。その為宮古島では年間を通して海を楽しむことができます。

宮古島の海の特徴といえば島の北側に日本最大ともいわれるサンゴ礁の「八重干瀬」が広がり、その大きさは宮古島の1/3の面積になる程です。透明度が高いからこそグラデーションが美しい海と白い砂浜を堪能できるビーチが数多く点在しています。

宮古島の海ではおもに「海水浴」や「シュノーケル」「ダイビング」などを楽しむことができます。自然のままのビーチもあれば、管理ビーチなどもあるのでどちらも訪れて比較してみるといいのではないでしょうか。

宮古島の絶景ビーチ

宮古島にはたくさんのビーチがありますが、そのなかでも特におすすめしたい絶景ビーチについてご紹介します。あなたのお気に入りのビーチを探してみてくださいね。

砂山ビーチ

宮古島を代表するビーチといえばここでしょう。写真などでも頻繁に見かけたことがあるのではないでしょうか。隆起サンゴによる天然のアーチとパウダースノーのようなサラサラの白い砂浜、遠浅に広がるビーチは宮古島の市街地からも利便性が高いのも魅力です。シャワー・トイレなどの設備もありますが駐車場までの距離が遠いのが少し難点かもしれません。子供連れだと少し大変かも。

吉野海岸

サンゴ礁が海岸からも近く満潮時になると沖でしか見られないような熱帯魚を近くで見られる人気スポットになります。シュノーケル初心者でも楽しみやすいビーチでウミガメの産卵地としても有名な場所です。干潮時にはシュノーケルは楽しめませんので、潮位表を確認した上で吉野海岸を訪れるようにするのをおすすめします。

与那覇前浜ビーチ

別名前浜ビーチとも呼ばれる宮古島の南側に位置するビーチです。約7キロの白い砂浜と透明度抜群の海が絶景です。サンゴ礁がないのでおもに海水浴としての利用をおすすめします。東洋一美しいビーチとしても有名でシャワー・トイレ・売店などの設備も揃っています。マリンアクティビティなども豊富ですのでアクティブに遊びたい人におすすめです。

宮古島で海を楽しむ時の注意点

宮古島は海水浴をはじめ海を楽しめるスポットがたくさんあります。自然のままの姿が残っているからこそ、海の中には危険生物もたくさんいます。

例えば猛毒を持った「ハブクラゲ」や気性の荒い「ゴマモンガラ」など知らずに近づいてしまうとケガの原因となってしまうことも。特に熱帯魚だと近づきたくなってしまうものですが、自然のそのままの姿を楽しむようにして無理に触れようとするのはおすすめしません。また、じんましんや湿疹などの症状がある時はすぐに海の家などに相談し受診するようにしてくださいね。

宮古島の海は日本を代表する美しい場所です。宮古島の海ならではのサンゴ礁は一度壊してしまうともとの状態に戻るのに時間がかかります。サンゴ礁の上に立つなどの行為は絶対に止めてくださいね。宮古島の絶景を是非満喫してみてくださいね。夕方になれば水平線に沈む夕日を眺めることもでき、最高の思い出になることでしょう。

沖縄旅行の関連記事
  • 夏だけじゃない!冬の沖縄旅行の楽しみ方
  • コンドイビーチ
    竹富島の絶景ビーチを楽しもう!TVで見たことがあるかも?
  • ビーチ
    宮古島に訪れたら絶対に立ち寄りたい絶景ビーチ
  • 首里城
    沖縄の世界遺産「首里城」の見どころポイントは?
  • ビーチ
    沖縄の穴場ビーチを満喫!プライベートビーチ感覚で楽しもう
  • ホテル
    那覇市内のビジネスホテルで費用を抑えて格安旅行
おすすめの記事